明日はいよいよ抜歯です

Pocket

青ゴム装着から二週間経過。
「やっと痛くなくなった」って思ったんです。
一昨日までは。
一昨日、呑みに行くまでは・・・。

スポンサーリンク

青ゴムが外れた

一昨日、頑張って歯の隙間を広げていた青ゴムの一匹が私の胃の中に旅立たれました。

飲みに行ってご飯食べていたら、奥から2番目の青ゴムが外れちゃったんです。
そして飲み込んでしまったのです。

ヤバイ!と思い歯医者に電話。
すると「あー、そのゴムははずれても特にそのままで大丈夫です。言われませんでしたか?」
と受付のお姉さん。

あ・・・そんな感じなの?青ゴムって。
なんだよ!だったらあの超痛かった時に外れてくれちゃえばよかったのにね!
まぁ、とにかく外れても問題なしらしい。

 が、しかし次の日から歯の痛み再発。

そうか、今まで頑張って動いてきてやっと動ききったのに青ゴムがいなくなってしまい、
その隙間を埋めるためにまた歯が動き出したんだ・・・。

恐怖・・・!

まぁ、明日歯医者なんですけどね。
そして、それはイコール抜歯の日です。

抜歯がこわい

自分の歯32本で生活するのは明日の12時まで。

とりあえず、抜歯こわい!!

自分なりにいろいろ調べてみたら、

  • 顔が腫れる
  • ドライソケットだと超痛い
  • 口の中が血の味になる
  • 抜くときメキメキ音がする

などなど・・・

恐怖でしかないんですけれど。
いやー、明日1回で終わるならいいんですけれど、全4回なわけです。
明日痛かったら、その次からどうなっちゃうんだろう。

不安すぎて聞いてみた

不安のあまり抜歯について調べまくった結果、さらに不安になってしまった私。

こうなったらプロに話を聞こうと母に電話。
私の母は現役の歯科衛生士なのです。

私「明日歯抜くんだけどさー、ドライソケットだったらどうしよう・・・」

母「は?ドライトケット?なにそれ?」

おい、歯科衛生士。
お前さんは本当に歯科衛生士なのかい?

私「ドライソケット!血餅ができなくて、骨が出ちゃって痛くなる・・・・」

母「あー!そんなのね、見たことないから大丈夫。」

ホントかよぉ。

結論:余計なことを調べると嫌になるから調べるな

親知らずは根が深かったり曲がって生えていたりして抜歯するのが大変なのだそう。
「5番なんてスポッてすぐ抜けるわ」と言われました。

事前情報で自ら恐怖を煽ってどうするんだって話です。
まっすぐ素直な気持ちでいればきっと歯も素直に抜けてくれることでしょう。

・・・なんか違うか。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>