月別アーカイブ: 2009年10月

痛みって慣れるんだなぁ

Pocket

矯正を始めて約2ヶ月経過しました。

治療初期に青ゴムをはめた時、本当に痛くて、何も食べれなくて、「もう、こんなもの外したい!!」と思いました。

抜歯した後の穴ボコも、「こんなでっかい穴本当に血の塊でふさがるのか?」って不安になりました。

ちゃんと歯磨きしても歯肉炎みたいになった時、「もうずっとこのまま歯茎が痛いままで治らないかもしれない」と思いました。

『はじめの1ヶ月は痛いけど、だんだん慣れてくる』って聞いたけれど、2ヶ月前の私は「この痛みなくなる気がしない!」と思っていました。

今、本当に痛みに慣れた自分がいて、2ヶ月前の痛みを忘れてしまっている。
すごくすごく痛かったことは覚えているけど、どんな痛みだったかは覚えていない。

次の日朝起きたら「おぉ!!!歯すっごい動いてる~!!!」っていう変化はないけど、写真で見ると少しずつ歯並びが整っている。
今までフロスが通らなかったところがユルユルで通るようになっているのを見て、本当に本当にちょっとずつ動いているんだなぁというのを実感しています。

親戚のおばちゃんが、
「矯正なんてしてもすぐ戻っちゃうんだから、一生メンテナンスしないとダメなのよ。その覚悟があるの!?」と言っていたらしい。
「そんなに歯並び悪かったっけ?下の歯なんて見えないのに」とも言っていたそう。

おばちゃんは私の顔を年に1回見るか見ないかだと思うけど、私は私の顔を最低でも1日1回は見るんだよ。
だから、歯をなおさなければ鏡を見るたびに気になってしまって、「歯出てるな~」ってそのたびに思うことになる。
歯をなおしたら、鏡を見た時きれいな歯が映るんだよ。
笑った時自分に自信が持てる。
その差は大きいと思う。

親戚のおばちゃんの息子は昔矯正したけど、今はもうガチャガチャらしい。
私も昔上だけ矯正したけど、すこーしずつ後戻りして、気付いた時にはビーバー前歯に戻っていました。

昔矯正した時、私は全然矯正したいと思ってなくて、なんだかよくわからないうちに勝手に歯医者さんに矯正させられていました。

矯正専門ではなかったのに、上だけで30万ちょっとかかったらしい。
成人前(小学生)で上だけで30万ってちょっとぼったくりじゃん?

そもそもこれだけ下の歯がガチャガチャなのになぜ上の歯だけ矯正することになったのだろうか。
噛み合わせとか全然考えてないですよね。

期間も1年って言ってたのに結局2年半くらいかかって、「もう歯並びなんかどうでもいいから外してくれ」ってずっと思っていました。

だから装置が外れた時、歯並びがきれいになって嬉しかった訳じゃなく
ただ単純に、「装置が外れてよかった」とだけ思いました。

矯正する前の自分の歯なんて覚えてなかったし、何で矯正なんてしたんだろうってずっと思っていました。

「成人してからの矯正は痛いし、期間も長くなる」ってよく聞くけれど、
私の衛生士の友達は「成人してからの矯正は本人が矯正したいという意志で始めるから治療に積極的で早く終わるんだよ」と言ってくれました。

本当にその通りだと思う。
やる気って大事だなぁ。

痛みに慣れたけど初心を忘れず、
1日でも早く装置が取れるように歯磨きもゴムかけも頑張ろうと思います。

Pocket

【調整2回目】パラタルアーチが浮いた!

Pocket

水曜日に2回目の調整に行ってまいりました。
ワイヤーの交換を期待して、いざ歯医者へ。 続きを読む

Pocket