噛み合わないのはリテーナーをしているから仕方ない

ビバクリアリテーナー!ってことでせっせと装着していた私。

友達と遊んでいて「小腹がすいたからアイス食べよう」ってなったらバレない様に瞬時にはずす。
そして食べ終わったらサッとトイレに行って歯を磨いて瞬時に装着。
極力装着時間が長くなるように気を付けました。

違和感

でも、だんだん噛み合わせに違和感を感じるようになってきたんです。

リテーナーを外してご飯を食べているとき
「あれ?前歯が噛み合わない・・・」
1~3番までが全く機能していない。
なんでだろう?

クリアリテーナーの厚み

考えた結果、「リテーナーの厚みだ!」ということに気付きました。
クリアリテーナーって透明で目立たないけど、結構な厚みなんです。

前歯の裏には固定式のリテーナーの接着材がついていて厚みがある。
そしてその上からクリアリテーナーをかぶせている。
さらに下の歯にもクリアリテーナーをかぶせている。
1つ1つの厚みは数ミリかもしれないけど、1番から3番までの噛み合わせ部分は結構な厚みになっていました。

ブラケットオフした時は噛み合っていたのに、だんだん噛み合わなくなってきた。
普通なら「このままこのリテーナーつけていたらどんどん噛み合わせがおかしくなる!」って思いますよね。

でも、『リテーナー』 = 『歯を固定してきれいに保つもの』と信じ切っていた私は
「前歯が噛み合わないのはリテーナーをしているから仕方ない。」という意味の分からない結論を自分で出してしまいました。

そして、その後もそのリテーナーを使い続けたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました