ゴッドハンドで歯が動いた

Pocket

歯の裏の針金から右下2番がはずれてしまったのでなおしてもらいました。

スポンサーリンク

少し後戻り

下の歯は取り外しリテーナーをしてないので、針金から自由になった右下2番は少し手前に動いてしまいました。

と言ってもよーくよく見ればわかるくらいでした。

ブラケットオフの時は数ミリのズレも許さなかったのですが、今はガタガタになったり出っ歯になったり噛み合わせが悪くならない限りは細かいことは気にしないようにしようと思っています。

なのでこれ以上手前に出ないように固定しなおしてくれればいいやーと思って歯医者に行きました。

グーッと

私の中でこの先生は「基本めんどくさいことはやらない人」という認識なので、私がとやかく言わなければ剥がれたところを接着剤でくっつけて終わりだろうと思っていました。

まず剥がれた部分に残った接着剤を削って、そこに新しい接着剤をつけて、固めて終わら・・・なーい!

いつもは接着剤をつけたら照射機(ピッと光をあてて接着剤を瞬時に固める機械)をパパッとあてて終わりです。

しかし今回は照射機の出番なし。
その代わり接着剤が自然に固まるまでの間、先生が右下2番をグーーーッと押し続けるんです。
その押し方がもう尋常じゃないわけですよ。
日ごろの憎しみを全部この右下2番に込めているんじゃないかと言うくらい力いっぱい押してくる。
もちろん私は涙目。
何度「歯が折れたらどうするんだバカヤロウ!」と言いそうになったことか。

この先生基本言葉が足りない人で、
「ちょっと歯を押しますから痛いですけれど我慢して下さいね」とか言ってくれりゃいいのに無言で始めるんですよ(笑)
もう慣れましたけどね。

力ずく

で、5分くらい歯を押され続け痛みに耐えた結果なんと・・・・
ちょっと手前に出ていた右下2番がきちんと歯列に戻っているではないか!

「3日くらい歯に違和感があるかと思いますが、硬いものを食べるとはずれやすいのでなるべく避けてください。」と言われその日は終わりました。
矯正の時のような痛みがあるのかとビビッていましたが、当日少し違和感があっただけでその後は全く平気でした。

歯列がきれいに戻って嬉しい半面、こんなに簡単に動いてしまうほどまだ不安定なんだなとちょっとショックを受けた1日でした。

歯の様子

歯に動きがあったので久々に写真を撮ってみました。

歯並び・矯正・固定リテーナー

 

今さらですが、歯の裏の針金とはこれのことです。
ビフォーがないので比較できませんが、右下2番がきちんと歯列に戻りました。

歯並び・矯正・現在

 

現在の歯の様子。

今回の教訓

歯の裏の針金がとれたら速やかに歯医者に行きましょう。
さもないと痛い目にあいます。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>