矯正装置の種類と特徴

Pocket

ひと口に「歯列矯正」と言っても様々な装置があります。

矯正装置は一般的には目立たないものほど費用が高くなります。

それぞれの矯正装置の特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

矯正装置の種類

一番目立つのは表側矯正のメタルブラケット。

その次が表側矯正のクリアブラケット。

一番目立たない歯の裏側にブラケットをつける矯正。

インビザライン(マウスピース矯正)はマウスピースを作り替えながら矯正するので

費用に個人差がありますが、おおむね表側クリアブラケットと同等か少し高いという感じです。

メタルブラケット(表側)

メタルブラケットは昔ながらの銀の矯正装置。

ブラケットもワイヤーも銀なのでかなり目立ちます。

昔からあるからなのか費用は一番リーズナブルで、私の通っている矯正歯科では上下50万円ほどでできます。

ただ、数万円プラスすればクリアブラケットを選択することができるので、メタルで矯正する人は今はあまりいません。

クリアブラケット(表側)

クリアブラケットはブラケットは透明、ワイヤーは銀色です。

透明とはいっても歯の表面についているので全く分からないわけではありません。

ただ、メタルのようにギラギラ光るわけではなく、透明=清潔感があるので違和感は少ないです。

費用もメタルより数万円~10万円程プラスでできるので手ごろな価格で目立たずに矯正したい人にはおすすめです。

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザラインは、マウスピースを作り替えながら少しずつ歯を動かします。

マウスピースは透明なので装着していることは見た目にはほぼわからないでしょう。

ただ、矯正前の私のようなガタガタな歯並びの人は、ある程度ブラケット矯正で歯を整えてからでないとできないです。

ブラケットをつけて矯正するほどではないけれど、少し歯並びのズレが気になる。

そんな人にはマウスピース矯正がオススメです。

裏側矯正

裏側矯正は表側の矯正の2倍費用がかかります。

表側の矯正よりも歴史が浅いので、技術料金の金額が高いのだと思います。

裏にブラケットつけたりワイヤー調整したりするのって表より大変そうですもんね。

あとは、美容歯科的要素が表側よりも少し強いかもしれません。

裏側矯正のメリットは目立ちにくさです。

抜歯する場合は隙間が出来るのでその部分の隙間が多少目立ちますが、それ以外は全く分からないです。

「表に装置が付くなんて耐えられない!」という方にはオススメです。

デメリットとしては、歯の裏側に装置があるので話しにくいことです。

表側の矯正も多少はしゃべりにくくなります。

でも、それはどちらかというと唇側に厚みがでることによるものなので、発音には影響が少ないです。

裏側矯正は「らりるれろ」など歯の裏側を使って発音することが大変になります。

矯正していることをわかってもらうメリット

裏側矯正は目立たないので見た目を気にせずに矯正できます。

表側矯正は透明のクリアブラケットでも歯を見れば矯正していることがわかってしまいます。

ただ、矯正しているとわかってもらうことで得られるメリットもあります。

矯正治療中は痛みでご飯が食べられなくなったり、装置が入って喋りにくくなったりします。

表側矯正であれば知らない人が見ても矯正していることがわかるので「矯正しているから話しにくいんだな」とか「食べにくいんだな」とわかってもらえます。

しかし、裏側矯正だと自分から矯正していると言わない限り相手にはわからないので「なぜあまり食べないんだろう?」とか「滑舌が悪いなぁ」と思われてしまうことがあります。

矯正期間も表側よりも裏側矯正の方が若干長くかかるというデータがあります。

特に出っ歯の人は裏側矯正だと時間がかかることが多いようです。

なぜかというと、出ている歯を内側から引っ張るよりも外側から押す方が力がかかりやすいからです。

矯正装置

 

そうは言っても多少期間が延びても裏側矯正は見た目ではわからないので、多少期間が延びても「絶対目立つのはイヤ」と言う人は裏側矯正がいいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>